• ホーム
  • ビューラーやマスカラを駆使してまつ毛のカールをキープしてみよう

ビューラーやマスカラを駆使してまつ毛のカールをキープしてみよう

2020年05月17日
美しい女性

日本人のまつ毛の特徴の一つに、下向きに生えていることから理想的な上向きカールを作るためにはビューラーなどの美容アイテムを使用することが欠かせません。ビューラーは目元のまつ毛を挟むことで上向きにカールさせるアイテムで、アイメイクでは欠かせないといつでもポーチに入れて持ち歩いている女性は多いです。

しかし朝しっかり上向きにセットしても、夕方になるとカールが取れて下向きになってしまっているという経験をお持ちの方は少なくありません。またビューラーは強い力で毛を挟み込むため、何度も繰り返してしまうとダメージを与えてしまう恐れがあります。そこで少しでもまつ毛に負担をかけないためにも、適切なビューラーの使い方を理解しておくことをおすすめします。

まずビューラーを利用する際に押さえておきたいポイントが、まつ毛を上げすぎないようにすることやボリュームをつけすぎないといった2つです。上まつ毛をカールさせる場合は、カールが落ちやすい部分でもあるので根本は全力の半分の力で挟むようにしましょう。上げすぎないようにするためにも、中間部分はビューラーを約45度に傾けながら3割り程度の力で挟みます。人によっては控えめな上がり具合に物足りなさを感じてしまう可能性がありますが、力を入れすぎるのは抜け毛に繋がるので力の入れ具合を調整しましょう。

ビューラーで適度なカールをつけたら、次はカールをキープしてくれるマスカラを活用します。ただこの時にマスカラ液をつけすぎてしまうとダマになる原因となるので、つけすぎを防ぐためにも予めティッシュペーパーを4つ折りにして両端からブラシを挟んで毛先に付いている余分なマスカラ液をおとしておきます。その後にブラシを回転させるとマスカラ液を新たに付ける際に絡み具合を均一にすることができるのです。実際にマスカラを使用する場合は、根本部分から上に向けて丁寧になじませていきます。この時マスカラのブラシを毛の生えている根本を押し上げるように3秒ほどあててから、毛先に向かってひと塗りするようにするとマスカラ液に含まれているカールキープ力で上向きをさらに維持してくれる効果が期待できます。この時にボリュームを無理に出そうとして重ね塗りはしてはいけません。マスカラ液を重ね塗りするとダマができて、綺麗なまつ毛に仕上がりません。

最後に目頭から中間の部分にホットビューラーをそっと当てて5秒間キープさせます。黒目より外側の部分は上げないようにするために当てないように注意しましょう。生え癖によっては元々上向きに生えている場合があるので、その部分を均一にカールさせるように毛の上からホットビューラーを当てると自然な感じに整います。

関連記事
まつ毛のコンプレックスはサロンで解消できる?

目元に力のある眼力のある女性は、非常にセクシーで印象的な顔をしているイメージを与えることができます。しかしこういった眼力のある目元はまつ毛のボリュームが十分にある方が多いので、まつ毛が短く本数が少ない方にとって自分の目元にコンプレックスを感じている方も少なくありません。こんなコンプレックスを解消して...

2020年05月24日
まつげ育毛剤のルミガンには安価なジェネリック医薬品もある

世界初のまつ毛専用の育毛剤として販売を始めてから、現在でも非常に高い人気があるルミガンは、現在様々な種類のジェネリック医薬品が販売されるようになってきています。ルミガンよりも安い価格で手に入ることから、お得に育毛ケアを行いたいと思っている方はあえてジェネリック医薬品を選んで使用する方も少なくありませ...

2020年05月21日
まつげ育毛剤のルミガンでまつ毛をケアするメリットとは?

体から生えている毛には毛周期があり、まつ毛は髪の毛と比較しても毛周期が短い特徴を持っています。そのため髪の毛のように長く伸びる前に抜けやすく、短い状態になりやすいといわれていました。また女性などはアイメイクをする方も多いので、アイメイク化粧品やつけまつ毛、エクステなどを使用することで目元に負担がかか...

2020年05月19日